第2回「辻井重男セキュリティ論文賞」受賞論文

2017年2月24日

 

第2回「辻井重男セキュリティ論文賞」受賞論文

 

受賞論文は、以下の通り決定しました。著者の皆さん、おめでとうございます。表彰式等の詳細は、追って、個別にご連絡します。

 

<大賞(1件)>

 

論文題目: Zeroizing Attacks on Indistinguishability Obfuscation over CLT13

主筆者: Tibouchi Mehdi (日本電信電話株式会社)

 

<特別賞(3件. 順不同.)>

 

論文題目: 動的解析ログを活用した静的解析補助手法

主筆者: 中島将太(立命館大学)

 

論文題目: Small CRT-Exponent RSA Revisited

主筆者: 高安敦(東京大学)

 

論文題目: 営業秘密侵害訴訟におけるディジタル・フォレンジクスの可能性

主筆者: 栗原佑介(東京大学)

 

 

<優秀賞(2件. 順不同.)>

 

論文題目: Partitioning via Non-Linear Polynomial Functions: More Compact IBEs from Ideal Lattices and Bilinear Maps

主筆者: 勝又秀一(東京大学)

 

論文題目: サイバー攻撃の侵入経路を考慮したセキュリティリスク評価技術

主筆者: 杉本暁彦(株式会社日立製作所)

 

以上