新年のご挨拶

JSSM会員のみなさまoki.eijiro

謹んで初春のお慶びを申し上げます

 

日本セキュリティ・マネジメント学会 会長 

工学院大学 名誉教授  大木榮二郎

 

2019年は、JSSMにとって大きな変革の年となります。

一昨年から進めてまいりました組織改革の計画を実行に移す段階に入ります。具体的には、4月にこれまでの任意団体から一般社団法人日本セキュリティマネジメント学会へ移行します。その第一歩として、ただいま現在選挙管理委員会が代議員選挙の立候補者の確定段階に入っているところです。

あわせて事務体制の再構築や、事務処理方式の合理化にも取り組み、財務体質の改善を目指します。

この大きな変革を乗り越えて、JSSMがさらに発展していくには、会員のみなさまのご理解とご協力が欠かせません。移行時期には事務手続きに多少の混乱が生じることもあるかも知れませんが、一時的な不具合は寛容に受け止めていただき、さらに良くするにはという立場で前向きにとらえていただきたく存じます。

暖かくなるころには、法人化の状況や新事務体制と事務手続きなどをご説明できる段階に至ると考えています。この組織改革を通じて学会の骨格を強固なものとし、学会活動のさらなる活性を支える基盤となし、JSSMがさらに発展する契機となるよう取り組んでまいります。

会員のみなさまの暖かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。