学会誌の電子化について

2019年4月1日

会員各位

学会誌の電子化について

 

専務理事 長尾 慎一郎

 

学会誌の電子化の取り組みの第一弾として、3月25日から、学会誌(32巻第3号、2019年1月号)をJ-STAGE(※)に公開しました。

<公開されたページはこちらです>:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jssmjournal/list/-char/ja

当学会の印刷物については、今後も電子化を推進していく予定です。

以上

※【J-STAGEとは?】
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/JstageOverview/-char/ja

「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)は、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が構築した日本の科学技術情報の電子ジャーナル出版を推進するプラットフォームです。
J-STAGEは、日本で発表される科学技術情報の迅速な流通と、国際情報発信力の強化を目指しています。電子ジャーナル出版プラットフォームを提供することによって国内の学協会および研究機関を支援し、2,000誌以上のジャーナルや会議録などの学術的な出版物を低コストかつスピーディーに公開しています。
J-STAGEの閲覧者はいつでもどこからでもアクセスできる自分専用の論文情報ライブラリを作成することが可能です。作成したライブラリは、様々な端末から利用することができます。