2021年7月10日
主査  萩原 栄幸
幹事  橋本 純生
齋藤 忠和
Web委員  藤田 亮

7月度研究会のご案内です。
さて今回も引き続きリモート開催をさせて頂こうと考えております
音声が聞き取れない等、何か不具合が起きた場合は
メールを頂ければ、運営上の参考になりますので、よろしくお願いします。

今月は,「接触追跡アプリにおける矛盾を相克する止揚は可能か」として中央集権的または分散型ソリューションの プライバシー保護のジレンマについてお話し頂いた藤田先生の後を受けて、昨年お話しさせて頂いた「ハーシーのココアはGoToトラブルか?~コロナ対策アプリの現状」のその後を取り上げてみたいと思います。
あれから、ほぼ1年当時ご紹介したアプリはその後どうなったか、また1年近く使ってみて各国での接触追跡アプリは成果が出ているのだろうかといったことと併せて藤田先生にご説明頂いた 中央集権的または分散型ソリューション どのような脅威や脆弱性と少し重複しますが、 接触追跡アプリのセキュリティについて昨年より踏み込んだご紹介をさせて頂きたいと思っています。
先月ご参加いただいた方、また昨年の研究会とオンライン大会での発表をお聞きになられた方にはぜひお聞きになって欲しい内容です。なお、発表の中で昨年の発表も簡単に振り返りますので昨年聞かれてない方、忘れてしまわれた方もぜひご参加ください。

下記部分をご記入のうえ、jssm.sentan@gmail.com までメールでご連絡ください。
出欠の部分は不要な方を削除してください。
出席のご連絡のあった方に当日接続するURLをご連絡させて頂きます。
また、今後の研究会についてのご意見がございましたら、コメント欄に
ご意見を頂ければ幸いです。

==============================
お名前:
貴所属名:
E-mail:
JSSM 正会員/賛助会員/ 将来の会員
研究会 参加 不参加
懇親会 参加 不参加
コメント:
==============================
なお、懇親会も今回はリモート懇親会となりますので、出席される方は当日飲み物をご用意ください。

日 時
2021年7月16日(金曜)
午後 6 時半から午後 8 時半迄

演題
続ハーシーのココアはGoToトラブルか?~コロナ対策アプリの現状2

講師
幹事 橋本純生

概要
コロナパンデミック宣言から1年半近く立ちました。その間リモートワークをはじめ多くのIT支援がなされてきました。中でもスマホアプリを使った取り組みは最も身近な存在と言えるかと思います。
昨年その種類と特にCOCOAに代表される接触者追跡アプリについて掘り下げてみました。今回はその続編として1年たった今それらはどうなったか、効果は出ているのか、セキュリティの問題はといったところを昨年同様熱い議論が出来ればと思っています。

開催の都合上、なるべく早く幹事までご連絡ください。

***** 幹事からのお知らせ  *****

参加申し込みのあった方にのみ、当日のURL(Zoomを想定しております)をご連絡します。
なお、Zoomでの参加はブラウザのみで参加可能で、特別なアプリの導入やましてやマイクやカメラ等も必要ありません。むしろ専用アプリの場合、開始前にマイクやスピーカーのテストを行い、最適な種類を事前に選択しておかないと不具合が発生する可能性があります。

なお、申し込みで頂いた情報は、参加状況の把握に使うとともに、講師の方への情報として提供します。
また今後の研究会活動の参考にさせて頂きますのでご了承ください。

連絡先
主査:萩原 栄幸
jssm.sentan@gmail.com

申込先
原則としてJSSM会員が対象ですが、非会員で出席ご希望の方は 主査・幹事宛ご連絡下さい。