2022年1月13日
主査  萩原 栄幸
幹事  橋本 純生
齋藤 忠和
Web委員  藤田 亮

皆様あけましておめでとうございます
本年も先端研よろしくお願い致します
本年最初の研究会のご案内です。
今年は皆様と膝を突き合わせた議論をと期待していたのですが、
弱毒化しているとは言え感染力抜群のオミクロンに押され、
今回も引き続きリモート開催をさせて頂きます。
音声が聞き取れない等、何か不具合が起きた場合は、
メールを頂ければ、運営上の参考になりますので、よろしくお願いします。

12月は、中央大学研究開発機構 機構教授の山澤昌夫先生から、
昨年のセキュリティの話題にお話を伺いました。
今年最初の研究会は同ニュース選考委員会委員長である大木前学会長より
昨年12月24日発表されたセキュリティ十大ニュースについて講演を頂きます。
選考当事者中の当事者からのお話ですので舞台裏を含めた
ホットで貴重なお話が伺えるものと期待しております。
前回に引き続き昨年のインシデント状況を振り返り
参加者の皆様と活発な議論等ができればと考えています。

出欠の部分は不要な方を削除してください。

出席のご連絡のあった方に当日接続するURLをご連絡させて頂きます。
また、今後の研究会についてのご意見がございましたら、コメント欄に
ご意見を頂ければ幸いです。

==============================
お名前:
貴所属名:
E-mail:
JSSM 正会員/賛助会員/ 将来の会員
研究会 参加 不参加
懇親会 参加 不参加
コメント:
==============================
なお、懇親会も今回はリモート懇親会となりますので、出席される方は当日飲み物をご用意ください。

日 時
2022年1月21日(金曜)
午後 6 時半から午後 8 時半迄

演題
2021セキュリティ十大ニュースの心 

講師
セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎

概要
昨年暮れに2021セキュリティ十大ニュースを発表した。
2001年に開始してから21回目となる十大ニュースであるが、
今年のリード文は
「今年の十大ニュースは不気味である」から始めることとなった。
十大ニュースの選定過程や、取り上げたニュースとともに、
その背景にあると感じる不気味さについて紹介する。

講師略歴
日本IBMにおいてセキュリティ・コンサルティングの分野を確立、
  IBMディスティングイッシュト・エンジニア、
  IBMアカデミー会員、IBCSチーフセキュリティ・オフィサーを経て、
工学院大学情報学部教授に就任。
  情報学部長、学長補佐、常務理事を歴任後退任。
政府のセキュリティ関係委員会の委員を歴任
  情報セキュリティ戦略研究会委員(経済産業省)、
  地方公共団体情報セキュリティ監査調査研究会委員、WG座長(総務省)、
  情報セキュリティ基本問題委員会第1分科会委員(内閣官房)、
  産業構造審議会情報セキュリティ基本問題委員会委員(経済産業省)、
  企業におけるセキュリティガバナンス研究会委員 同WG1座長(経済産業省)、
  中小企業の情報セキュリティ対策に関する研究会委員長(情報処理推進機構)
  クラウドサービスの安全性評価に関する検討会(経済産業省、総務省)座長、など、 
現在、日本セキュリティ監査協会特別会員、
  JASAクラウドセキュリティ推進協議会会長、
  JIPDECセキュリティマネジメント推進会議副議長、
  地方公共団体情報システム機構
    機構処理事務特定個人情報等保護委員会委員長などを務めている。

工学院大学 名誉教授
JSSM 日本セキュリティ・マネジメント学会名誉会長
公認情報セキュリティ主席監査人
著書「経営戦略としての情報セキュリティ」(工業調査会、2001)、
「経営戦略としての個人情報保護と対策」(工業調査会、2002)等

開催の都合上、なるべく早く幹事までご連絡ください。

***** 幹事からのお知らせ  *****

参加申し込みのあった方にのみ、当日のURL(Zoomを想定しております)をご連絡します。
なお、当日の模様は今後の参考にするため録画させていただくことがありますので、ご了承ください。
Zoomでの参加はブラウザのみで参加可能で、特別なアプリの導入やましてやマイクやカメラ等も必要ありません。むしろ専用アプリの場合、開始前にマイクやスピーカーのテストを行い、最適な種類を事前に選択しておかないと不具合が発生する可能性があります。

なお、申し込みで頂いた情報は、参加状況の把握に使うとともに、講師の方への情報として提供します。
また今後の研究会活動の参考にさせて頂きますのでご了承ください。

連絡先
主査:萩原 栄幸
jssm.sentan@gmail.com

申込先
原則としてJSSM会員が対象ですが、非会員で出席ご希望の方は 主査・幹事宛ご連絡下さい。