2023年度 第3回研究会のご案内

2023年度の第3回研究会を下記のように開催します。
ご興味がございましたら、是非、ご参加ください。今回の研究会は、(公社)日本経営工学会関西支部、日本経営システム学会関西支部および日本情報経営学会関西支部との共催になります。

日 時:2024年2月26日(月) 17:30~19:40
場 所:龍谷大学梅田キャンパス(オンライン併用)
    https://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/
参加費:無料
テーマ:「人的資本経営の現状と課題—人事管理と情報経営の視点による検討— (仮)」
講演者:神戸大学大学院 経営学研究科 博士課程後期課程 米田 晃 氏
概 要:人的資本経営とは、企業の人材を役に立つ「資本」として捉え、人材の価値を最大化させることを目指す経営実践を指す。2023年3月期決算以降から、大手企業4,000社を対象として人的資本開示が義務化されるなど、現在、人的資本経営の取り組みは注目を集めている。本報告では、人的資本経営によって既存の経営実践がどのように変化するのか、その可能性と課題について、人事管理と情報経営の視点から検討する。
テーマ:「経営学・マーケティングにおけるテキストデータの活用」
講演者:大阪大学大学院 経済学研究科 教授 勝又壮太郎 氏
概 要:経営学・マーケティングで利活用されるデータの幅は広がっており、これまで利用されてきた数値情報である「構造データ」に加えて、テキストや音声などの「非構造データ」の利用が拡大している。たとえば、オンラインレビューなどから消費者のインサイトを獲得することを目指したテキストデータの解析が進展し、様々な成果が得られている。また、テキストデータは関連分野の研究だけでなく、市場調査や企業活動の診断などの実務にも利用できる可能性がある。そこで、本セミナーでは、これまでに使われてきたテキストデータの解析モデルやその活用方法を紹介し、テキストと数値データを混合した分析など、新しい利活用の方法についても議論する。

申込み方法:関西支部研究会 幹事 椎原まで
 masatsugu.shiihara[at]oit.ac.jp [at]は@に置き換えて下さい。
 お名前、ご所属、メールアドレス、参加方法(対面or Zoom)を明記の上、
 2月20日(火)までにご連絡ください。